言語の発達が遅れるのは本当?バイリンガル教育について

866131.png
Salut!!
どうもケンです♪

国際結婚しハーフの子供が生まれたり、親が英語ができるためバイリンガルに育て用途した時に「言語発達が1言語(モノリンガル)で育てられた子供より遅い」という事を聞いたことはありませんか?

親としてはもしかして、「言語障害になるのではないか」ととても心配になってしまいますよね。

私自身も気にかけていた内容でもあります。

本当にバイリンガルで育てられた子供の言語発達は遅いのでしょうか。

今回、バイリンガルの言語発達について触れてみたいと思います。



■2言語(バイリンガル)教育は言語発達の遅れと言われるのはなぜ?



一般的に2つの言語を同時に認識・理解しなければならないため、子供としては混乱する事から言語の発達が遅くなると言われています。

混乱するということは、それだけ子供にとっては2つの言語を同時に理解することは難しいということです。

それは大人でさえ、日本語と英語やその他外国語を話そうとすると一般的に難しいですよね。

また、モノリンガルよりバイリンガルは言葉を多く覚えなければならないので、その分「遅れる」とされています。

そういった状況からバイリンガル教育は、言語発達の遅れになる原因と言われているようです。

しかし、実際には間違っている認識であるという研究家もいます。



■子供にとって言語の発達はモノリンガルもバイリンガルも同じく難しいこと



子供は生まれてきて、何も知識もなく何でも吸収しやすいスポンジのような状態です。

そこで言語を発しようとしても知識や使い方、言葉を発すること自体生まれてきた子供はすぐにできませんよね。

また言葉の発達としては、生まれてきて1つの単語から始まり連語、少しずつ言葉として話せるようになっていきますが、まず始めに言葉を音として捉えて吸収します。

その後、子供の脳が成長していくにしたがって言葉の意味、文、スピードなどの概念を理解していくようになります。

研究家が結果発表していることは、

まず言葉を発する意図として、自分の言いたい事を周りにわかってもらい周りが反応することです。

そういった状況から初期段階の言葉を音として捉え言葉で発すること自体が、モノリンガルであろうがバイリンガルであろうが同じく難しいということである。

それにより、バイリンガルの「言語発達は遅い」とは関係がない。


と研究結果の発表をされています。



■例え言語発達が遅くても次第に話せるようになる



バイリンガルに育てられた子供は、モノリンガルで育てられた子供と同じ時期に話し始めるようになります。

早い段階で話せる子供もいれば、遅い子供もいてモノリンガルの子供のように十人十色ということです。

しかし、バイリンガルの子供が両方の言葉を堪能に話せるようになるのは、5歳頃からであると言われています。

モノリンガルでも認識などの混乱がありますので、まだ発達の途中でありましたら焦らずに様子を見守り、もし言語発達が遅いと思われたら、専門家に診てもらうのが良いかもしれません。

そして、一つの言語で話すようにと言われた場合は、理由やモノリンガルで育てるとどのようになるのか、再度診てもらう必要があるのはどういった状況なのかなど質問するのが良いでしょう。



■まとめ
・モノリンガルもバイリンガルも言語発達自体が子供にとって難しい事
・言語発達も子供によって異なる
・それでも言語発達が遅いと思われたら、専門家に診てもらい根拠を下にアドバイスを受ける


実際、私の子供のLananasは、モノリンガルで育てられた子供より早い時期で言葉を発するようになりました。

下の子のJasmineはこれからなので、言語発達についてどうなのだろうか心配です。

今回調べてみて子供の成長自体が子供それぞれなので、モノリンガルでも言葉発達が遅い事もありますから、バイリンガルだから言語発達が遅いとは言い切れないようです。

しかし、それでも言語発達に注意する必要がありそうですね。


下記のブログ村、ブログランキングで他の方のブログも見れます↓






この記事へのコメント