避けては通れない?親は知っておくべきハーフの国内外でのイジメ

866131.png
Salut!!
どうもケンです♪

ハーフと聞けば、「英語が話せる」「かわいい」「スタイルが良い」など様々な良いイメージを持たれると思います。

しかし、イジメについては殆どのハーフの方が一度は経験しているんです。

大人になれば少なくなる傾向ですが、子供時代はよくイジメにあってしまう事が多い。

それが現実です。

 関連記事↓
 ハーフによくある居場所がないと感じるのはなぜ?3つのこと

そして、そのイジメは国内や国外でもある事ですが、どのような事があるのでしょうか?

今回は、少し暗い話になりますが国内と国外のイジメの内容について紹介します。



■日本国内で受けるイジメ



日本人は昔から手先が器用でマメであると言われます。

精密機械を作る事やその部品の製造技術、和裁の技術など日本人が得意とする細かい作業が他国より長けています。

ただ、その器用さとマメな点からイジメを受ける事があります。


◯お弁当
子供向けのお弁当でひと昔から変わらず流行っているキャラクター弁当、通称「キャラ弁」。

1932年に発行された児童の飲み物や食べ物の好き嫌いを直すためにの方法として、「材料が判別できないほど処理をした料理」「料理の見た目に美しさを与えること」提唱されていることから、昭和ですとタコウィンナーやご飯の上にそぼろやノリを使った車を描いたりしていました。

昭和はまだキャラ弁という名称がなかった時代なんですね。

そして、平成に入るとお弁当に対する技術が進み、専用の器具でノリやゴマ、卵、野菜など様々な食材を利用して形からアニメキャラクターヒーローキャラクター、動物を作るお弁当が出てきました。

それは、日本発祥と言われています。

母親が外国籍の方で見られますが、こういう器用でマメな部分は外国ではほとんど文化がないんです。

そのため花柄人参などは無く、ステーキなどの単品料理がドーンと入っていたり、大雑把な詰め方に揺れる鞄に入れてしまう事でグチャグチャになったお弁当に仕上がる事が多くなってしまいます。

すると、目ざとい子供が「〇〇ちゃんのお弁当が変!」「お弁当がグチャグチャ!」と騒ぎ立てられる事により、イジメに発展してしまうケースがあるのです。


◯外人
昔から差別用語として認知されている言葉「外人」。

子供にとってはそれ程強い感情があって使っている訳ではないのですが、やはりこの言葉を受ける子供にしては苦痛です。

その他にも「髪の毛、肌がう◯こ色」「目の色が変」などあります。

特に白人と日本人のハーフに見られがちですが、肌が白かったりすると子供は外国人=アメリカ人の認識となるようで「アメリカへ帰れ」と言うこともあるんです。



■国外で受けるイジメ



国外で受けるイジメについて、どのようなものがあるかイメージはありますか?

国外でも見た目から判断されることが多いんです。


◯東洋人を馬鹿にする
国外から見ると日本人も韓国人もアジア人は皆中国人と思うようで、こんな言い方をされます。

チン・チャン・チョン」「家でチン・チャン・チョンと言っているんだろう、言ってみろ」、会うたびに「ニー・ハオ」など。

また、それが通行人からもいきなり言われる事もあるんですね。

実際、私が北欧に渡航したときの朝市で、会うたびにお店の人達から「ニー・ハオ、これ買って行って」などと言われた経験がありました。

国外では、アジア人=中国人の認識が高いのです。

また、目尻を指で伸ばし目を細くさせて「お前の親はこんな目をしているんだろう」と言われたりする事もあります。

場所にもよりますが国外でのイジメは、東洋人を明らかに見下したものが多いという事です。



■国内外共通するいじめ発言



イジメを受けた時、多くの人が感じてしまう「自分の居場所がない」という孤独感があります。

態度や何気ない言葉からでも疎外感を受けそう感じてしまうことがあるのですが、国内外共通した発言があるんです。

それは「国へ帰れ」です。

両方の国が母国と思っているのに、日本人として思っているのに、またアメリカ人、フランス人etcと思っているのに、この言葉を浴びせられると子供は「自分の居場所がない、どこにあるのか」と思うひとつの種になってしまうんです。

大人になってもその感情を抱く人もいるほどで、国内外から疎外感、孤独感に追い込まれるその言葉は最も重いと言えます。



■まとめ
今の時代も周りの環境からして、ハーフは少数派です。

私の子供たち、LananasとJasmineはまだ幼いためイジメの経験はありませんが、今回紹介した以外も含め直面する事もあるかと思います。

親や家族一体で子供となんでも話し合える関係を作り、親は子供がイジメにあった時のフォローを予め考えておく必要があるかもしれません。


 関連記事↓
ハーフだから?例えイジメられても前向きになれる3つの可能性


下記のブログ村、ブログランキングの応援として1クリックをお願いします(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾↓
(また他の方のブログも見れます)










この記事へのコメント