クリスマスのサンタの衣装は実は○○だった!信じられない真実!?

2015-11-17_1024x502-1024x502.jpg
引用元:https://www.jaic-college.jp

どうもケンです♪

11月も残すところ後2日となりました☆

クリスマスシーズンますます色濃くなってきましたね!

今回はクリスマスにはかかせないサンタクロース☆

白ひげに真っ赤な服で空を飛ぶソリに乗って、煙突から入って子供達にプレゼントを贈るファンタジーなエピソードをもつサンタクロース。

そんなサンタクロースって一体何者?という事で、気になったのでちょいと調べてみました!

すると信じられないことが分かっちゃいましたw



■サンタクロースの起源
スポンサーリンク



◯サンタのモデルとなったのはミラ(現在のトルコに位置する地域)の聖ニコラオス
 その大昔、3人の娘を持つ大変貧しい家族がいました。

あまりの貧しさに娘達を身売りに出そうとしている事を知った聖ニコラオス。

夜中にその家族を訪れ、窓から金貨を投げ入れました。

その時にたまたま暖炉に干してあった靴下に金貨が入った事で娘達は身売りを避けることができた逸話が由来となり、今日まで伝えられる『夜中にプレゼントを靴下に入れて贈る』というサンタクロースの起源となりました。

また、オランダ語で聖ニコラオスは『シンタクラース』と呼ばれていて、あるオランダ人がアメリカに移住し、シンタクラースを伝えた事で『サンタクロース』の語源となっているようです。



■サンタクロースのエピソード
106718.jpg
引用元:http://nonbiri-kuraso.com
◯煙突から入るエピソードの起源
 1822年にアメリカ学者クレメント・クラーク・ムーアがフィンランドで言い伝えのある詩の一文を「聖なるニコラウス煙突からどすん」と英訳したことが起源と考えられています。


◯クリスマスイブに贈られるプレゼント
 ヨーロッパ地域では聖ニコラウスが聖人に付される称号「奇蹟者」を与えられたのが12月6日で、聖ニコラウスの日となっています。

この日に靴下をぶら下げていると翌日にお菓子がもらえる事が、今のイブにクリスマスプレゼントが送られるようになったと言われ、元々はクリスマスにプレゼントは贈られていなかったです。

 ちなみに、北フランスの聖ニコラウスの日は男の子の日

 北フランスには高い塔がいくつも存在していて町の役所になっているところが多いのですが、聖ニコラウスの日は男の子の日とされていて、役所の高いところからチョコレートが撒かれる行事があります。



■サンタクロースの服
スポンサーリンク



◯サンタクロースの赤い服の色はアメリカのコカ・コーラ社が定番化
 ドイツではサンタクロースが双子で服が黒といった各地域によって様々な言い伝えがありますが、コカ・コーラ社の本では、元々のサンタクロースの色はイギリスで伝えられている『緑色』でした。

 1931年にコカ・コーラ社がクリスマスの広告の為に、サンタクロースを社のカラーであるにしたことによって、爆発的に世界浸透が進み現在のサンタクロースのカラーとなりました。



■まとめ
いかがでしたでしょうか?

コカ・コーラ社がサンタクロースの服の赤色が宣伝目的であったが、それが世界に浸透となったとは思いませんでした。また、まさかサンタクロースの元の色が緑色とも思わなかったです。

クリスマスになると至るところで赤いサンタの格好を目にしますが緑色でもでも良いということですね!

今回サンタの衣装について知ることができ、また起源となる人物がとても慈悲深い人と知りました。

今年のクリスマスは、いつもより人に優しくできる少し違った日になりそうですね。


ご愛読いただきありがとうございました! お気に入りましたら、SNSシェアお願いします( ´∀`)


★最近のLananasの成長★

Lananasは現在2才なのですが、写真を取るときに決まったポーズがあります。

それがこれです↓
IMG_7663.JPG

ん?

一件何のポーズなのかと思われるでしょう。

実はこのポーズはピースをしているんですw

まだ幼いので手先が器用ではないそうで、上手くピースができないんですねw

何とも可愛らしいです☆


そんな中、突然Lananasが「パパー!!」と叫びます。

何だろうと思い振り返ってみると。。。。


IMG_7664.JPG
何とピースができていました☆

完全に出来たとは言えないかもしれませんが、認知出来るほどのクオリティーに上がっており私は思わず「やったね!!!」と叫んでしまいましたww

まだ左手しか出来ないLananasですが、日々成長を感じるのでした☆
スポンサーリンク





この記事へのコメント